全身性エリテマトーデスの診断と検査 診断のながれ

全身性エリテマトーデス(SLE)の診断は、問診や診察、検査を行い、それぞれの結果を総合的に判断した上で決定されます。
SLEの疑いがあると言われたら、できるだけ早く、専門医がいる病院を受診し、詳細な検査と正確な診断を受けることが大切です。
SLEは膠原病のひとつとして扱われ、SLEを診断できる専門医は、内科(膠原病内科、腎臓内科など)、リウマチ科、皮膚科などの診療科に所属しています。

問診
診断
検査

問診では主に、気になる症状が始まった時期やその症状が今も続いているかどうか(現病歴)、過去にかかったことのある病気や受けたことのある手術(既往歴)、家族で膠原病などにかかっている人がいるか(家族歴)、合併症やアレルギーの有無、妊娠・出産の有無などについて聞かれます。そのほか、SLEの診断では幅広い質問項目が確認されます。

そして、医師が目で見たり触ったりすること(視診や触診)で皮膚や粘膜、関節をはじめとする全身の状態を調べて、SLEを疑う症状が実際にあるかどうか確認します。

その上で、SLEを診断するための検査、SLEと間違いやすい別の病気を除外する(鑑別)ための検査などを行います。
検査の結果がでると、問診や診察による症状や全身の状態を加味し、総合的な検討の上で、診断基準などをもとに診断されます。

診断のながれ診断のながれ

SLEの診断には、米国リウマチ学会(ACR)の分類基準がよく用いられています。この基準は11項目からなり、このうちの4項目以上を満たした場合にSLEと診断されます。

ACRによるSLE分類基準 (1997年改訂版)

①頬部紅斑
(きょうぶこうはん)
頬に紅斑が出ているか︖
②円板状紅斑
(えんばんじょうこうはん)
円板状の紅斑が出ているか?
③光線過敏症 紫外線にあたって異常な日焼けのような紅斑ができたことがあるか?
④口腔内潰瘍
(こうくうないかいよう)
口や鼻・のどに痛みのない潰瘍(口内炎のような症状)があるか?
⑤関節炎 2ヵ所以上の関節で腫れや痛みなどがあるか?
⑥漿膜炎
(しょうまくえん)
胸膜炎や心外膜炎を発症しているか?
⑦腎障害 尿にタンパクなどが出ているか?
⑧神経障害 けいれん発作や精神症状があるか?
⑨血液異常 溶血性貧血、白血球減少などがあるか?
⑩免疫学的異常 抗dsDNA抗体抗Sm抗体抗リン脂質抗体があるか?
⑪抗核抗体
(こうかくこうたい)
抗核抗体があるか?

Hochberg MC. Arthritis Rheum 1997; 40: 1725 より作成

最終更新日:2018年12月18日 SAJP.HYCH.18.11.3236

ページトップへ