全身性エリテマトーデスの自己管理 治療中の妊娠・出産

全身性エリテマトーデス(SLE)の患者さんは、病状が安定していれば、妊娠・出産することができます。しかし、妊娠・出産するためには、一定の条件を満たしている必要があります。また、妊娠・出産がSLEの病状に影響することも多く、妊娠中や授乳中は使用できるSLEの治療薬も限られてきます。
妊娠を希望する場合は、主治医とよく相談しましょう。

妊娠は計画的に

予期せず妊娠した場合、母体の病気の状態を考えて人工流産が必要なこともあります。治療薬のなかには胎児に影響を及ぼすものもあり、そうした薬剤の服薬中は妊娠を避ける必要があります。

妊娠が可能な状態と確認できるまでは避妊をしましょう。経口避妊薬(ピル)は血栓症のリスクがある人には使えないため注意しましょう。

母体や胎児への影響

妊娠中は再燃が起こりやすくなります。妊娠したら産婦人科の医師と協力しながら、胎児への影響も考えて治療を継続していきます。

分娩・出産によっても再燃することがあります。この場合は出産後にステロイドの量を増やすことがあります。

SLE患者さんが持つ自己抗体の種類によっては、胎児に影響を及ぼすものもあるため、妊娠中や出生後には慎重な管理が必要となります。

最終更新日:2019年7月31日 SAJP.HYCH.19.03.0808

ページトップへ